So-net無料ブログ作成

原発で作業員が、線量計をもたずに復旧作業だと? [日記]

原発で線量計も持たずに、作業員が復旧作業していたことが分かった。


放射線量を測定する線量計が、事故現場では欠かせない。

被ばくすると命にかかわる問題だからだ。


福島原発には、約5000個の線量計が配備されていたが、

津波に流され300個ほどしか残っていなかったとされる。


作業にあたった作業員は、多い日で500人を超えていたというから

作業日によって、全員が線量計を装着していたのではないことがわかる。


解決方法として、同じ作業をすることが前提のチーム内で、

責任者が線量を測る苦肉の策をとっていたのである。


作業員の「誰かがやらなければ」とか「最後まであきらめない」という使命感には

ただただ頭が下がるのみである。

くれぐれも、安全を確認しながら被ばくされないことを祈ります。


なお、1日に東芝から復旧の支援するため、線量計を45個届けると発表があった。

東電の安全対策には疑問が出るが、今はそれを論じても仕方がない。


【現物出品即日出荷】★高精度★米国DoseRAE2 PRM-1200型携帯式個人線量計/放射線検知測定/放射...




米国製放射線計測器【送料無料】放射線測定カード「RAD Triage FIT」(特許取得)日本語説明書付...





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

噂の穴場情報 FX情報サイトの入り口 www.fxdefx.com

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。